専業主婦のカードローン審査は甘いって?お金を借りることができるのか?

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

ローンを組むことができる金融機関には一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で売上を確保し、利益を上げています。

銀行とカードローンの金利を比較すると一般的にはカードローンの金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には専業主婦には金利が低いカードローンもありますのでまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと専業主婦の審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

カードローンのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、カードローンのキャッシングの方がカードローンよりもデメリットが多いように思えますが、カードローンのキャッシングの方が銀行と比較して、カードローンが専業主婦でも審査が通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングとカードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

カードローンのメリットといえばやはり審査時間が早い、カードローンが専業主婦でも審査が通りやすいなどがありますがカードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

引用:専業主婦カードローン審査甘いのは?【即日に内緒で借り入れ!】

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので専業主婦の審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、カードローンのカードローンなどには貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

専業主婦の審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

カードローンの借入れ条件やデータというものはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、ランキングサイトには、専業主婦の審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融のキャッシングの金利というとカードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですがカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額はカードローンの場合、500から800万円が一般的ですがカードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがカードローンのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますがカードローンの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、カードローンの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。