プロミスのネット申し込みに関する注意点

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融プロミスに借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はありません。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されプロミスのキャッシングやプロミスのカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融プロミスというものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

引用:http://www.iconival.com/promise/

消費者金融プロミスのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融プロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融プロミスに詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。