NISAの配当金は確定申告が必要?非課税のメリットとは?

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。そんな場合に確定申告が必要になるのかと考える方もいらっしゃるでしょう。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

NISAの確定申告の考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。そもそもは非課税なのであまり気にする必要もありません。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。基本的には確定申告は必要ないと考えてもいいでしょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。非課税というメリットもあり確定申告は必要ありません。

ゆうちょや銀行などは、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いので口座開設におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、解約必要書類があれば手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。個人事業主の方の場合にはそもそも確定申告を行っているので問題ないという考え方もできるでしょう。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、iDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。配当金が20万円を超えた場合には確定申告が必要になります。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株式取引を例に考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。しっかりと確定申告を行っている方もいるでしょう。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

参考:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】